猫でも分かるFXの基礎と魅力

FX初心者

この記事ではFXの基礎や魅力について説明します。

「FXって何?危なくないの?やってみたいけど始め方がわからない。」そんな疑問にお答えします。

FXとは

FXとは「Foreign Exchange」の略で日本語にすると外国為替証拠金取引といいます。証拠金を預けて外国の通貨であるドルを買ったりユーロを買ったりすることができるようになります。

テレビでも「ドル円がいくらになった」などとやっているのを見たことがある人も多いと思います。その価格が上がるのか下がるのかを予想し売買して利益を出すことが目的です。

FXってどのぐらい儲かるの?

例えば1ドルが100円の時に100万円分買ったとします。次の日にドルが上昇して1ドルが101円になると100万円が101万円になり1万円の利益が出たことになります。

これを聞いて「100万円も用意できない」「100万円で1万の利益しか出ないのか」とガッカリしてしまう人もいるかもしれませんがFXの素晴らしいところはレバレッジが使える所にあります。

レバレッジって何?

レバレッジとは預けているお金以上の取引をできるようになる機能です。国内では最大で25倍まで取引できます。海外では1000倍なんてものもあります。

例えば10万円しか証拠金を預けていなくても100万円の取引ができるようになります。同じ1万円の利益でも10万が11万になると考えると魅力的に見えてきませんか?

100万円持っている人がレバレッジ25倍を使えば2500万円分の取引ができるようになり1万円の利益だったものが25万円まで増やすこともできます。レバレッジを使えば利益を何倍にもすることが可能です。

どうして預けているお金以上の取引ができるかというと、レバレッジは損失が出た場合は預けている証拠金から支払うという約束で成立しています。

例えばドルが下がり1万円の損失が出たとします。証拠金を10万円しか預けていなくても10万円から1万円の損失を支払うことができるので問題ないということです。

ただ、良いことばかりではありません。リターンが増えるということは当然リスクも増えます。レバレッジは便利な機能ですがよく考えて使う必要があります。

25倍以上のレバレッジを使いたい場合は海外業者を使うのがおすすめです。

【海外FX】XMTradingを使う11個のメリット
海外のFX業者であるXMTrading(以下XM)について解説していきます。 海外のFX業者と聞くと危なそうとかなんか怪しい、英語が分からないとトラブルがあったときに心配とか思う人も多いと思います。私もそうでした。 です...

空売りとは?

例えばドルを売るにはドルを持っている必要があります。しかし、FXでは持っていなくても売ることができます。これを空売りといいます。持っていないものを売るという感覚は日常生活にないものなのでイメージしずらくてややこしい部分でもあります。

空売りとはまず売りたい物を借りて売って、後で買い戻して返すという方法です。必ず後で返すという約束があるので借りたものを売ることができるのです。これにより売から入るということが可能になります。

FXは値上がりを予想して買うだけでなく、値下がりを予想して売りから入ることができるのも魅力の1つです。

また、どの通貨の組み合わせでも売買することができます。「なんか難しくてよくわからない・・・」という人もやっていく内に理解できるはずです。

要は上がると思ったら買えばいいし、下がると思ったら売をすればいいだけです。

FXって危なくないの?

危ないかどうかはやる人次第だと思います。

巷では「1000万円溶かした」なんて声を耳にすることもありますがそれはその人が危険な取引を行っていたからです。

当然損をすることはありますがちゃんとリスクを管理して取引すれば「全財産なくなった!」なんてことにはなりません。

まずはレバレッジを5~10倍程度に抑えて10万円からなど少額から始めれば大きな損をすることはありません。

私自身も10年以上やっていますが預けたお金が全部なくなったことなど1度もないです。それに、強制ロスカットというものがあるので預けたお金以上に損をすることはほぼないといえます。

良くも悪くも自己責任です。

経済に詳しくなくてもいいの?

結論からいうと利益を出すために経済に詳しいかどうかというのは重要ではありません。私もそこらの高校生のほうが詳しいのではないかというレベルの経済知識ですが利益を出せています。また、経済に詳しくなったからといってより勝てるようになるものでもありません。ではどのようにして利益を出していくのかを説明します。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析

ファンダメンタル分析とはその国の景気がいいのか悪いのかを経済指標、金融政策、要人発言などで判断する分析方法です。その国の景気がどんどん悪くなると考えるなら売をするといった感じです。しかし、そんな単純ではなかったりします。

例えば何かの要因で日本の景気がすごく悪くなったとします。普通に考えれば日本の通貨である円の価値が下がりそうなものですが実際には円の価値が上がるという真逆のことが起こったりします。

実は日本の通貨は安全通貨といわれ世界の経済が悪くなると買われる傾向があります。

日本の景気が悪くなる→つられて世界の景気が悪くなる→安全通貨である円が買われる。という仕組みです。

他にも様々な要因があり素人には難しすぎます。しかも、ファンダメンタル分析は予想が難しい上に専門家でも結構当たらないというのが個人的な認識です。

 

テクニカル分析とはチャートの形やインジケータなどを使って分析する方法です。

次の図は安値と安値を結んだトレンドラインというものです。何度もトレンドラインで反発しているのが分かると思います。

FXにはこのようなチャートパターンがいくつか存在しています。勿論いつまでも同じラインで反発し続けるということはありませんが確かに意識されていて機能しているものです。

チャートは過去と似たような動きを繰り返しています。つまりチャートパターンを分析して動き方の癖を把握していくだけでも利益を積み重ねることができるのです。

どうしてラインが機能するのか、他のチャートパターンや詳しい分析方法等はまた別の記事にて解説します。

FXは24時間取引できる

日本の株を取引する場合の取引時間は9時から17時までです。株の場合、損失が出ているポジションを損切りしたいと思っても取引市場が空いていないので決済できないということがあります。しかし、FXは土日以外は24時間いつでも取引することが可能なので好きなときに決済ができます。

なぜ24時間取引ができるのかというと日本の取引市場が休んでいる間でも世界のどこかの国の取引市場が動いているからです。

取引量の多い東京、ロンドン、ニューヨークを世界3大市場といいます。その中でも最も取引量の多いロンドン市場が動いている16時~24時に価格がよく動きます。よく動くということはチャンスも多くなるので狙い目です。仕事をしている人が帰ってきてから取引するとちょうどいい時間帯ということです。

取引規模: ロンドン > ニューヨーク > 東京

  • 東京     9時~17時   あまり動かない
  • ロンドン   16時~24時 最もよく動く時間帯
  • ニューヨーク 22時~6時     後半になると鈍くなる

簡単に始めることができる

FXは口座を開設すれば簡単に始めることができます。一応開設に審査がありますが落ちることはあまりありません。

必要なものは少額の資金とパソコンかスマホがあれば充分です。

 

少額から始めよう

とはいえ初心者がいきなり利益を出し続けることは現実的ではありません。最初に入金したお金はなくなることが普通なのでいきなり全財産をつぎこむようなことはやめましょう。

最初は5~10万円ぐらいから始めるのが一般的です。デモトレードも存在しますが実際にお金をかけて取引したほうが練習になります。

まとめ

  • FXは外国の通貨を売買して利益を出すのが目的
  • 資金以上の取引ができるレバレッジがある
  • 24時間取引可能
  • リスクはあるので自己責任
  • 少額から始めるのがオススメ

 

今回はFXの基本と魅力についてお伝えしました。

誰でも簡単に始めることができるので気になった人は是非始めてみませんか?

今からでも遅くないFXの始め方
このページではFXの始め方と始めるのに必要な物を解説します。 FXを始めるには FXを始めるには口座を開設する必要があります。あとはパソコンかスマホと少しのお金さえあれば始めることができます。最近ではスマホや通信環境の発達からスマホだけ...
タイトルとURLをコピーしました