国内とどっちが得?海外FXの税金の計算方法を解説!

海外FX業者

今回は海外FXの税金がどのぐらいなのかを計算しつつ、国内と海外どっちを選んだらいいのかを解説します。

FXの税金

FXではある一定以上の利益が出た場合は税金を納めなくてはいけません。

しかし、FXは国内でも海外でも雑所得に分類されますが、国内と海外では収める税率が異なるので注意が必要です。

海外FXで得た利益は、総合課税に分類されます。給与などの所得を合計した金額を元に計算し、金額が増えるごとに税率が増えるのが特徴です。

国内だと申告分離課税なので一律20.315%です。

対象になるのは1月1日~12月31日の期間にでた利益で計算されます。

含み益は考慮しなくても大丈夫なのであえて決済せずに来年に持ち越すという方法もあります。

税金を払わなくていい場合

利益が一定額以下の場合は確定申告をする必要がありません。他に収入があるかどうかで金額が違います。

給与をもらっていてFXの利益が20万未満の人は確定申告をする必要がなく税金を払わなくてOKです。

サラリーマンやアルバイトの副業でFXをやっている人は20万未満に抑えるのもありです。

FX以外に収入がなくFXの利益が38万未満なら確定申告をする必要がなく税金を払わなくてOKです。

無職の人や専業主婦の人が該当します。

これは国内と海外のFX業者でも同じです。

※利益が20万以下でも給与収入が2,000万円を超えている場合など確定申告が必要なケースがいくつかあります。

海外FXの税金の計算方法

海外FXの利益は給与所得などと同じく所得税を払う必要があります。

所得税の計算方法はとても複雑なので簡単に解説します。

経費を計算する

FXするのにかかった経費を申告することで収める税金を少なくすることができます。

以外にも多くのものが経費として認めてもらえるのでなるべく領収書などはとっておくことが大事です。

認めてもらえるかどうかは申告してみてみないとわかりませんが実際にかかった経費であれば大丈夫だと思います。

経費一覧
  • パソコンやスマホなどの電子機器
  • インターネット通信料
  • FX関連の書籍など
  • FX系のセミナー受講料
  • セミナー参加のための宿泊費など
  • 情報交換のための飲食費など
  • トレードするために借りた賃貸など

 

収入から経費を引きます。

例:350万(FXの収入) - 50万(経費) = 300万(所得)

※収入から経費を引いたものを所得といいます。

他の所得を合計する

海外FXの利益とそれ以外の給与所得など総合課税に分類されるものを合計します。

例:338万(給与所得) + 300万(FXの所得) = 638万(合計)

他の所得がない人は海外FXの利益だけで計算します。

控除を確認する

控除とは差し引くといった意味があります。税金の場合、所得から各控除金額を差し引くことで課税所得が減り節税になります。

主な控除

  • 基礎控除:所得のある人はみんな受けられる一律38万円
  • 雑損控除:災害や盗難、横領により住宅や家財などに損害を受けた人
  • 医療費控除:10万を超える医療費等の支払がある人
  • 社会保険料控除:健康保険料や国民健康保険料、国民年金保険料などの支払がある人
  • 生命保険料控除:生命保険料や介護医療保険料、個人年金保険料の支払がある人
  • 寄附金控除:国に対する寄附金やふるさと納税、特定の政治献金などがある人
  • 配偶者控除:控除対象の配偶者がいる人
  • 扶養控除:控除対象の扶養親族がいる人

参考:国税庁

今回は上で求めた所得ー経費から基礎控除だけを引きます。

638万 - 38万(控除) = 600万(課税所得)

※収入から経費と控除を引いたものを課税所得といい、この部分に税率が掛かってきます。

税率を確認する

所得税は所得が上がるにつれ税率がどんどん高くなっていきます。これを累進課税といいます。

住民税は一律10%です。

この表の税率だけ見ると高く感じますがそこから所得控除額を引くので実際の納税率はもう少し低いです。

後に実際の納税率を記載してます。

この表を元に所得×税率ー控除でも大体の計算ができます。

例:所得が600万の場合の所得税は20%、住民税10%で合計30%です。そこから所得控除額42万7500円を引きます。

海外FXの税金

調整した方がいい?

この表を見て気になるのがなるべく低い税に収まるようにしたほうがいいのか?ということです。

例えば所得が900万の場合の税率は33%ですが901万の場合は43%と一気に上がります。

計算してみると

900万(所得) × 33%(税率) - 63万6千円(控除) = 233万4000円

901万(所得) × 43%(税率) - 153万6千円(控除) =233万8300円

結果は901万円のほうが4300円だけ多く納税するというものになりました。

大した差ではありませんね。

一定額からいきなり税率が上がるわけではなく、一定額を超えた部分だけが税率が上がる仕組みです。

なので所得が多くなった分だけ残るお金も増えるので調整する必要はないということが分かりました。

ステップ① 所得税を計算

所得税は金額により税率が変わるので上の表を参考にして税率と所得控除額を求めます。

課税所得(収入合計ー経費ー控除)が600万の場合の所得税は20%で所得控除額は42万7500円です。

600万(所得) × 20%(所得税) - 42万7500(所得控除額) = 77万2500円

ステップ② 復興特別所得税を計算

その他にも復興特別所得税というものが2.1%かかります。

復興特別所得税とは東日本大震災から復興するための財源の確保のために設置されたものです。

平成25年から平成49年まで支払う義務があります。

上記で計算した所得税に復興特別所得税2.1%を掛けます。

77万2500円 × 2.1% = 1万6222円

ステップ③ 住民税を計算

住民税は一律10%です。収入合計ー経費ー控除に住民税10%を掛けます。

例:600万 × 10% = 60万

※住民税の基礎控除は33万なので計算しなおす必要がありますが面倒なので省略しています。日本の税金って複雑すぎ・・・。

合計

計算した税を合計します。

77万2500円(所得税) + 1万6222円(復興特別所得税) + 60万(住民税) = 138万8722円(税金)

課税所得600万の場合の税金は138万8722円という結果になりました。

その他の納税額イメージ

各所得による納税額一覧

課税所得税率納税額納税率残るお金
500,000 円15%75,525 円15.1%424,475 円
1,000,000 円15%151,050 円15.1%848,950 円
2,000,000 円20%305,107 円15.3%1,694,893 円
3,000,000 円20%507,207 円16.9%2,492,793 円
4,000,000 円30%780,323 円19.5%3,219,678 円
6,000,000 円30%1,388,723 円23.1%4,611,278 円
8,000,000 円33%2,029,284 円25.4%5,970,716 円
10,000,000 円43%2,801,044 円28.0%7,198,956 円
15,000,000 円43%4,985,694 円33.2%10,014,306 円
30,000,000 円50%12,397,284 円41.3%17,602,716 円
50,000,000 円55%23,075,784 円46.2%26,924,216 円
100,000,000 円55%51,048,284 円51.0%48,951,716 円
200,000,000 円55%106,993,284 円53.5%93,006,716 円
300,000,000 円55%162,938,284 円54.3%137,061,716 円

所得が増えるほど納税率が上がっていきます。

実際の納税率

上の表の税率と納税率を比べると分かるのですが実際の納税率は少し低いことがわかりました。

所得1000万の場合の税率は43%ですが実際に収める納税率は28%なので国内の20.315%とあまりかわりません。

よく目にする税率の表だけを見ると海外FXって税金が高いと勘違いしてしまいやすいですが実際はそこまでではないのがわかりました。

しかし、1億を超えると納税率が50%超えてしまうので恐ろしいですね。

国内と海外どっちがいいの?

国内FXは申告分離課税で税率は一律20.315%です。

400万円以上利益が出る人は国内でやったほうが税金が安くなります。

多く稼げる場合、税金の安い国内のほうがいい気がしますがどうなのでしょうか?

しかし、国内だとハイレバは使えないデメリットがあるので利益が減る可能性があります。

税金が高いとしても基本的に多く稼げるほうを選択したほうが得です。

例えば国内で1000万稼いだ場合と海外で1500万稼いだ場合で比べてみます。

国内で1000万稼いだ場合

1000万 × 20.315% = 203万1500円 残金796万8500円

海外で1500万稼いだ場合

1500万 × 33.2% = 498円5694円 残金1001万4306円

税率は増えますが残るお金は海外のほうが多いという結果になりました。

税金のために国内を選ぶより、海外のほうが稼げるならば海外を選択する方がよさそうです。

脱税はダメ

FXの利益が大きくなるとあまりに高い税金を見て脱税したくなる人もいるかと思いますが基本的にバレるのでやめておきましょう。

バレない可能性もあるかもしれませんがバレた場合の罪が重いので私は絶対にやろうとは思いません。

もし悪質であると判断された場合、未納の税金に40%を上乗せして払わなければいけないケースもあります。利益が残らない所か最悪借金になりえますね。

また刑事罰に処されることもあります。

所得税法第238条違反や、法人税法第159条違反となり、「10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金又はその両方」なんて取り返しのつかない事態になりえます。

なんだか怖い脱税ですが計算ミスなどで故意でない場合は大したことにはならないのでご安心ください。

まとめ

  • 海外FXの税金は利益が増えるごとに税率が上がる
  • 海外のほうが稼げるなら海外を選択するのがオススメ
  • 経費を申告することで節税できる
  • 利益400万ぐらいまでは海外のほうが税金が安い
  • 利益が一定額以下なら税金を払わなくていい
  • 脱税は絶対にダメ
タイトルとURLをコピーしました