【XM】どのぐらいで強制ロスカットになるのか計算してみました

XM

FX業者によって強制ロスカットになるまでの距離が変わってきます。

強制ロスカットになるまでの距離はどのように計算したらいいのか?

実際にどのぐらい逆行したら強制ロスカットになるのか?

今回はXMTraidingの強制ロスカットになるまでの距離を計算し、どのぐらい逆行したら強制ロスカットになるのかを検証してみました。

強制ロスカットとは

強制ロスカットとは証拠金維持率がロスカット水準を下回ると強制的に決済が執行される仕組みです。

XMのロスカット水準は20%なので国内で一般的の50%と比べると緩いです。

また、レバレッジが高いほど必要証拠金が減るので強制ロスカットまでの距離が遠くなります。

強制ロスカットの計算方法

まずはトレードする通貨ペアの必要証拠金を求める必要があります。

必要証拠金とはその通貨ペアをトレードするのに必要な証拠金です。

通貨の価格 × 数量 ÷ レバレッジ = 必要証拠金

例:ドル円100円 × 1万通貨 ÷ レバレッジ100倍 = 必要証拠金1万円

 

求めた必要証拠金を使って証拠金維持率を計算します。

有効証拠金 ÷ 必要証拠金 = 証拠金維持率(%)

例:有効証拠金10万円 ÷ 必要証拠金1万円 = 証拠金維持率1000%

この証拠金維持率がロスカット水準を下回ると強制ロスカットが執行されます。

XMのロスカット水準は20%なので証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットになります。

XMは強制ロスカットになりにくい

強制ロスカットになりやすいかどうかはロスカット水準と最大レバレッジによって決まります。

上の図のように同じ場所で買ったとしても、強制ロスカットラインがキツイと強制ロスカットになったあとに反転して上昇するということが起こる可能性があります。

強制ロスカットまでの距離が緩い場合は強制ロスカットにならずに耐えて反転してプラスに転じることもあります。

なので強制ロスカットラインまでの距離が長いほど強制ロスカットになりにくいといえます。

 

XMのロスカット水準は20%なので国内で一般的の50%と比べると緩く強制ロスカットになりにくいです。

また、最大レバレッジが高いほど必要証拠金が減るので強制ロスカットまでの距離が遠くなり強制ロスカットなりにくくなります。

XMのレバレッジは最大888倍ですがそんなに高い必要はないと感じることもあると思いますが、レバレッジが高いほど必要証拠金が減るので意味があります。

国内業者とXMの強制ロスカットまでの距離を比較

最大レバレッジロスカット水準強制ロスカットになるまでの距離(pips)
国内業者2550%800 pips
XM88820%997.7 pips

このように国内業者とXMの強制ロスカットになるまでの距離は結構違ってきます。

国内では強制ロスカットになる場面でもXMでは強制ロスカットにならずに済む場合があります。

XMの強制ロスカットまでの距離一覧表

最大レバレッジ888倍 ロスカット20% 証拠金10万円 ドル円100円で計算

数量証拠金維持率実行レバレッジ必要証拠金強制ロスカットまでの大体の距離
1万通貨8880.0%10.01100円997.7 pips
5万通貨1776.0%50.05600円197.7 pips
10万通貨888.0%100.01万1300円97.7 pips
20万通貨444.0%200.02万2500円47.7 pips
50万通貨177.6%500.01万1300円17.7 pips
88万通貨100.9%880.09万9100円9.1 pips

※通貨の変動による必要証拠金の変動は考慮していません

ハイレバレッジでトレードする場合強制ロスカットまでの距離がどのくらいかを事前に把握しておくことが大事です。

実行レバレッジ500倍以上だとロスカットまでが近すぎますね。実際にはエントリーした瞬間からスプレッド分負けた状態で始まるので逆行したらすぐです。

あまりにハイレバなのは控えたほうがよさそうです。レバレッジ100倍程度であれば強制ロスカットまで97pips程度あるので実用的だと思います。

 

通貨ペアによって1通貨あたりの価格が違うのでロスカットまでの距離は違ってきます。

  • 1通貨あたりの値段が高いほど買える数量が減るのでロスカットまでの距離が増えます。ポンド円など
  • 1通貨当たりの値段が安いほど買える数量が増えるのでロスカットまでの距離が短くなります。豪ドル円など

なのでレバレッジ何倍が適切かというのは通貨によるということになります。

数量を決める際はどのぐらいの損失を許容できるのか、ロスカットまではどのぐらいかということを事前に計算しておいて数量を決めることが大事です。面倒な人は1万円で1万通貨までなどとルールを決めておくと簡単です。

緩いロスカットのデメリット

ロスカット水準が緩いと強制ロスカットになりにくいというメリットがありますが強制ロスカットになった際に証拠金のほとんどを失うというデメリットにもなります。

証拠金10万円、1万通貨のトレードで国内とXMで強制ロスカットになった場合

  • 国内業者のレバレッジ25倍、ロスカット水準50%で強制ロスカットになった場合は2万円程度の証拠金が残ります。
  • XMのレバレッジ888倍、ロスカット水準20%で強制ロスカットになった場合は200円程度しか残りません。

しかし、これは大したデメリットではありません。資金を残したい場合はストップ注文を入れておけばいいだけです。ストップ注文を入れ忘れたり心理的にいれられなかった場合などに資金を守れるという点ではロスカットはキツいほうが便利ということになります。

ゼロカットで追証なし

最大レバレッジが高くロスカット水準が高い場合に強制ロスカットになるとほとんどの証拠金がなくなることになります。

その際にうまく決済されずに証拠金がマイナスになってしまうことがあります。国内ですとマイナスの分の証拠金を払う必要がありますがXMではゼロカットシステムがあるので支払う必要がありません。

ハイレバを使用していると強制ロスカットの際に証拠金がマイナスになりやすいのでありがたいシステムです。

まとめ

XMはロスカット水準が20%と緩く最大レバレッジも888倍と高いため強制ロスカットになるまでの距離が遠く強制ロスカットになりにくいです。

国内業者のように強制ロスカットラインがキツイとあと少し耐えられていたら反転してプラスになっていたという悔しい場面がありますが、XMのように強制ロスカットラインが緩いと強制ロスカットにならずにプラスに転じることに成功して証拠金を守ることができる可能性が上がります。

強制ロスカットラインが緩いと強制ロスカットになったときに証拠金がほとんど残らないというデメリットがありますがストップを使うことで対処できます。

ハイレバを使って資金を一気に増やしたい場合は強制ロスカットが緩いほうがやりやすいのでおすすめです。

トレードをする前にどのぐらいに逆行したらロスカットになるのか事前に計算しておいて数量を決めることが大事です。

5分でわかるXMの口座開設方法!【2019年最新版】
XMTraiding(以下XM)の口座開設方法を解説します。 ホーページにアクセス まずはこちらからXMのホームページにアクセスし、口座を開設するをクリックします。 必要事項を入力する 名前をアルファベットで入力します。 ...
タイトルとURLをコピーしました