入ってはいけないチャートパターン ユーロ円、ポンド円6月29日~7月3日のチャート解説【FX】

週刊FXチャート解説

 

ユーロ円 4時間足

今週のユーロ円は下降トレンドをブレイクし上昇の流れになりました。

先週の記事でいい感じの押し目を作っているので下降トレンド抜けが本命という話をしましたが予想通りになりました。

しかし、なぜか121.35円あたりが固くそこでトリプルトップのような形で落ちています。

下はトレンドラインで支えられていますが来週以降はどっちに抜けるかに注目していきます。

ユーロ円 30分足

今週のユーロ円は3回エントリーして2勝、1敗でした。

白1、緑下降トレンドを抜けたので押し目を買。高値121.09円まで引っ張って+68pips

このエントリーは先週の環境分析から抜けたら伸びていきやすいと思っていたので美味しいトレードでした。無駄にエントリーするよりもこういう簡単で美味しいトレードを週に1回でも取れればそれだけで勝ち組になれます。

白2、高値でドテン売してみましたが失敗しました。損切り-2pips

白1のエントリーがうまくいったので少し調子に乗っていて見落としがあったのでよくないエントリーでした。このエントリーがなぜよくないかは下のほうに記載しています。

緑1、再び高値121.09円まで上がったところ。上昇の勢いがありそのまま抜けてもおかしくないところだったので入らないほうが無難。

白3、短期下降チャネル、押し安値、長期上昇トレンドの3点が交わるところ。3点交わることは珍しいですがとりあえず買ってみていいところだと思います。トレンドとネックの手前まで伸ばして+20pips

利食い後に予想外に伸びていきましたがそこまでは想定していなかったので仕方ありません。

ピンク1、勢いよく上がっていましたがネックで1回止まるかなと思いましたが迷ってスルー。入ってもよかったかも。

ピンク2、チャネルと高値での逆張りだが少し届かず。短期狙い。

ピンク3、安値120.59円と長期上昇トレンド付近。もう1回ぐらいは反発するかと思っていましたが少し届かず。

ポンド円 日足、4時間足

ポンド円は今週は日足トレンドライン付近からスタート。

反発すれか下に抜けるかとういう攻防で少し揉んでから上にブレイクしWボトムを形成。

ネックライン133.98円も抜けましたが勢いはあまり出ていません。

普通にいけば135.72円付近を目指す上昇になりそうですが、現在勢いがないので失敗することも考慮しておきます。

ポンド円 30分足

今週のポンド円エントリーは1回のみで引き分けでした。

予想とは大きく外れてない動きかたでしたが微妙に噛み合わない感じでうまくとれませんでした。こういう時もあるのでしょうがないのです。

ピンク1、日足トレンド付近なので適当に安値付近で買っておけば美味しい感じでしたがうまくタイミングを取れませんでした。

ピンク2、ネック133.92円付近。見ていない時間なので入れない。

白1、サポートで押し目買。これより下に他のサポートがないので入ってみたがうまくいかずに建値切り。+0pips

ピンク3、半値付近でWボトム狙い。半値というだけで他にサポートがなく上昇の全戻しもありそうだったので入れず。

緑1、再びネック133.92円に到達した形。1回目のピンク2では入る可能性があるが2回目の緑1の形ではほとんどスルーすることが多いです。

入ってはいけないチャートパターン

 

私はマイルールで入ってはいけないパターンというのがいくつかあるのですが上の図がその内の1つです。

鉄板エントリーパターンというのもありますが反対の鉄板スルーパターンです。

急すぎず、緩すぎず綺麗な角度のトレンドラインが引けていて、高値まで強く上昇しているチャートパターンの時に高値で短期逆張りをしないというものです。

なぜかというこういう形の時はWトップになるより高値を抜けてトレンド継続のパターンのほうが多いと感じるからです。

いいかたを変えるとWトップになるのを狙わないともいえます。こういうWトップになるかも?という場所はいくらでも見つけることができますが、実際に綺麗にWトップになることってそんなにありません。

人間は自分に都合の良いチャートパターンを想像してしまいがちなので注意が必要です。

もしこのパターンで売るとしたら高値がある位置でWトップになりトレンド転換する確率が高めと判断できた場合のみです。

 

今週のユーロ円の白2のエントリーがまさにこの形だったわけです。入った後に気づきました。

幸いそんなに勢いが出なくて逃げることができましたがチャネルや高値まで伸びていく危険性があるところです。

長期の環境もやっと下降トレンドをブレイクしてこれから上がる所だったのであっさり高値抜けしてもおかしくありません。一気に抜ける確率がそんなに高くないとしてもリスクとリターンが見合わないので入る必要がありません。

仮に少し反応して10pipsぐらい取れたとしてもトータルで考えると価値のないエントリーだと思います。

スルーしたユーロ円の緑①とポンド円の緑①のポイントもこの形なのでチェックしてみてください。

私がスルーするときはこの形のときが多いです。

注意していても未だに見落としとか失敗もしてしまうことがあるのでトレードって難しいですね。

タイトルとURLをコピーしました