【海外FX】XMTradingを使う11個のメリット

XM

 

海外のFX業者であるXMTrading(以下XM)について解説していきます。

海外のFX業者と聞くと危なそうとかなんか怪しい、英語が分からないとトラブルがあったときに心配とか思う人も多いと思います。私もそうでした。

ですが調べてみると国内業者にはない、海外FX業者XMの魅力というものがあるので解説したいと思います。

 

日本語完全対応

海外FX業者で使う上で不安なのが言語ですがXMでは完全日本語対応なので心配いりません。公式サイトを見ても日本のFX業者と区別がつかないぐらいです。

わからないことがあればメールかライブチャットで効くことができます。ちゃんとした日本人が対応してくれるので不安なことは聞けば答えてもらえます。

信頼できる会社

XMは2009年から事業が続いている会社です。最近できたばかりの業者では不安ですが、昔からサービスを継続できているということはちゃんとしている証拠でもあります。

資本金は360億円とかなり高額です。国内で口座数NO1のDMM FXは98億円なのでそのすごさがわかると思います。

また、1億円までの信託保全があるので万が一倒産したとしてもトレーダーの資金を守ってくれます。

海外FXを使うときに重要な要素が信頼できるかどうかだと思いますがXMは一番信頼できる業者なのではないでしょうか。

最大888倍のレバレッジ

海外FXを使ってみようと思う理由の1番はハイレバレッジが使えることだと思います。国内ではレバレッジ規制があり最大25倍までと決まっていますが、XMでは最大888倍のレバレッジを使うことができます。これは世界的に見ても最高レベルです。

正直100~200倍あれば充分な感じもありますがよりハイレバを求める人にも向いています。

ハイレバレッジは確かにリスクも高くなるものですがメリットもあります。

例えば資金10万円を10倍にしたいと考えている場合に低レバレッジとハイレバレッジを使うのならハイレバレッジほうが成功率が高いと個人的には思っています。

低レバレッジではずっと勝ち続けないとなかなか10倍にすることはできません。レバレッジ5~10倍ぐらいですと年間2倍にできたら充分すごいトレーダーだといえます。それを何年も続けてやっと10倍にできたとしても元の証拠金が少ない場合とても非効率だといえます。

ハイレバなら1回のリスクは高くなりますが勝負したいところで大きくかけることで少ないトレード回数で一気に資金を増やすことができます。

充分な資金があり年間2倍にできたら充分という人は税金的にも国内で低レバレッジ運用のほうが向いていると思います。

資金があまりなく10~20万ぐらいを10倍・20倍にしたいと考えている人は海外業者でハイレバをするほうが可能性があると思います。

※資金が200万を超えるとレバレッジが200倍に制限されて、1000万円を超えると100倍に制限されます。これはトレーダーの資金を守るための妥当な制限だと思います。

約定力が高い

FX業者を決める上での重要な要素の1つが約定力です。いくら見かけのスプレッドが低くてもクリックしたレートで約定されなかったり不利なレートで約定していては意味がありません。

XMでは約定拒否なしで全注文の99.35%を1秒未満で執行されていますので約定力は高いといえます。

クリーンな取引システム

FX業者にはNDD方式とDD方式の2種類が存在します。国内FX業者の多くがDD方式ですが海外FX業者の多くはNDD方式を採用しています。XMもNDD方式を採用しています。

NDD方式はトレーダーの注文をインターバンク市場にそのまま流す方式です。

NDD方式を採用している業者はトレーダーが損するかどうかは関係がなくスプレッドで収入を得ています。なのでスプレッドは広めです。トレーダーには多くのトレードをしてもらうために勝ってもらったほうが都合がいいことになります。トレーダーと業者はWIN-WINの関係です。そのため不正にレートを操作したりする必要性はないのでクリーンな取引システムだといえます。

DD方式はインターバンク市場に注文を流さずに保有してトレーダーとは反対のポジションを建ててリスクヘッジをしています。

DD方式の場合トレーダーの利益は業者の損失ですからトレーダーには負けてもらうほうが都合がよくなります。もし、自社が損をしているようならレートを不正に操作したりスプレッドを広げて不利な約定をさせてトレーダーの証拠金から回収しているといわれています。スプレッドは狭いですが分からないところで無駄な取引コストがかかっている可能性があります。

NDD方式なら良くてDD方式なら悪いというわけではありませんがNDD方式のほうがシンプルで信頼しやすいです。

口座開設ボーナス

XMで口座開設が完了すると入金をしなくても3000円のボーナスが貰えます。

つまり、入金をしなくてもボーナスの3000円だけでトレードすることも可能というです。
ただし、ボーナスは出金することはできません。
3000円を元手に増やした利益分はもちろん出金可能です。

入金ボーナス

さらに、XMでは入金時100%ボーナスというものが存在します。
入金ボーナスは最大500ドルまで100%(1ドル100円で5万円相当)が手に入ります。

つまり、5万円を入金したらプラスで5万円貰えるという破格のサービスです。
入金5万円 + ボーナス5万円 = 10万円の証拠金
証拠金が2倍に増えるということは数量も2倍にすることができるので利益も2倍にできるので重要です。

口座開設時のボーナスと同様にボーナス分は出金できませんが利益は出金できます。

通常5万円入れて5万円損した場合、新たに入金しないとトレードできませんがこの入金ボーナスを使えばまだ5万円残っている状態なのでトレード可能です。
ハイレバを使用すると一気に5万損する可能性もあるのでとてもありがたいサービスです。

ただし、注意点として5万円いれて即座に出金して入金ボーナスだけで取引することはできません。
入金分を全額出金した場合入金ボーナスがなくなる仕組みになっています。
当然といえば当然ですね。

100%ボーナスが終わった後でも20%のボーナス

さらに、100%ボーナス分が終わった後でも5000ドル(1ドル100円で50万相当)に達するまでは20%のボーナスを手に入れることができます。
5000ドル最大まで23500ドル(1ドル100円で235万相当)までの入金で貰うことができます。
100%ボーナスと合わせると日本円で50万円相当のボーナスが貰えることになります。

またボーナスは5000ドルに達するまで全ての人が自動的に貰えるので貰いそびれる心配もありません。

* XMTrading Zero口座では、入金ボーナスは対象外になります。ボーナスが欲しい場合はマイクロ口座かスタンダード口座をお選びください。

取引ボーナス

XMTradingロイヤルティプログラムとは取引をするごとにXMTradingポイント (以下XMP) を 獲得することができるシステムです。
ちょっと複雑ですが取引するたびにお金がちょっと帰ってくるという認識で大丈夫です。
XMはスプレッドが広めですがこのシステムがあるので実際のスプレッドは表示より狭いということになります。
取引毎のXMPの割合はロイヤルティレベル昇格とともに上がります。ロイヤルティレベルは4段階です。

100日間取引することで最大レベルのEliteまで上げることができます。
Eliteなら2倍の20XMPが貰えます。

開設してからの日数ではなく、取引した日数なので注意が必要です。最小ロットのポジションを保有しているだけでもOKです。

貯めたポイントはトレード資金に交換可能

貯めたポイントの3分の1をいつでもクレジットボーナスに交換できます。1XMPは1ドル
例えば貯めた300ポイントをクレジットボーナスに交換する場合、3分の1の100ドルが貰えます。
300 ÷ 3 = 100

クレジットボーナスは他の口座開設ボーナス・入金ボーナスと同じようにトレード資金として使えますがそのまま出金はできない点には注意してください。

* XMTrading Zero口座では、取引ボーナスは対象外になります。ボーナスが欲しい場合はマイクロ口座かスタンダード口座をお選びください。

選べる3つの口座タイプ

XMにはスタンダード口座、マイクロ口座、Zero講座の3つがあります。

 

スタンダード口座マイクロ口座Zero講座
レバレッジ888倍888倍500倍
1ロット10万通貨1000通貨10万通貨
最小取引単位1000通貨10通貨1000通貨
スプレッド通常通常狭い
手数料無し無しあり
口座開設ボーナス
入金ボーナス×
取引ボーナス×
ロット制限5010050
最低入金額5ドル5ドル100ドル

マイクロ口座は少額から始められるのが特徴ですが最大で10万通貨までしかポジションを持てないのでハイレバとの相性はよくありません。

スタンダード口座でも最小単位が1000通貨と小さいため、よほどこだわりが無ければマイクロ口座を選ぶ必要は無さそうです。

*1000通貨で100pipsの損失を出しても1000円程度

Zero講座はスプレッドが狭く取引コストが低いのが魅力ですが入金ボーナスと取引ボーナスが貰えないのがデメリットです。トレードで稼げる自信のある上級者向けといえます。

なので初心者の人や、稼ぐのにそこまで自信のない方は入金ボーナスと取引ボーナスのあるスタンダード口座を選んでおくのが無難です。

  • おすすめはスタンダード口座
  • マイクロ口座は1000通貨以下でやりたい場合
  • Zero講座は上級者向き

※変更したくなった場合はあとから口座を追加することで変更できます。

XMの口座開設

XMのスプレッド

XMのスプレッドはNDD方式のため国内FX業者と比べると広めです。それでも各種ボーナスを考慮するとそこまで差はありません。ハイレバレッジを使えることやゼロカットシステムが使える使用料だと考えると妥当です。

 

各口座のスプレッド一覧(2019年9月時点)  1ドル100円で10万通貨トレードした場合で計算

スタンダードマイクロゼロ
通貨ペア最低スプレッド平均スプレッド最低スプレッド平均スプレッド平均スプレッド往復手数料10ドルを加算
USDJPY1.5pips1.6pips1.5pips1.6pips0.1pips1.1pips
EURJPY2.2pips2.5pips2.3pips2.5pips0.4pips1.4pips
GBPJPY3.5pips3.9pips3.1pips3.9pips1.2pips2.2pips
AUDJPY3.2pips3.3pips3.2pips3.3pips1.2pips2.2pips
NZDJPY2.9pips3.2pips2.9pips3.2pips2.0pips3.0pips
EURUSD1.6pips1.7pips1.6pips1.7pips0.1pips1.1pips
GBPUSD2.0pips2.4pips2.1pips2.4pips0.3pips1.3pips
AUDUSD1.6pips1.9pips1.6pips1.9pips0.4pips1.4pips
NZDUSD2.8pips2.9pips2.8pips2.9pips1.0pips2.0pips

XMのスプレッドは変動制なので平均スプレッドが実際のスプレッドに近いです。スタンダードとマイクロの平均スプレッドは同一なので次から省略します。

スタンダードとマイクロ口座では取引するごとにボーナスが貰えるのでそれを考慮すると実際のスプレッドはもう少し狭くなります。

取引ボーナスを考慮した図(2019年9月時点)

1ドル100円で10万通貨トレードした場合で計算 青文字は最小スプレッド

スタンダードスタンダードから取引ボーナスを反映ゼロ
通貨ペア平均スプレッド10XMP(約3.3ドル)20XMP(約6.6ドル)往復手数料10ドルを加算
USDJPY1.6pips1.3pips0.9pips1.1pips
EURJPY2.5pips2.2pips1.8pips1.4pips
GBPJPY3.9pips3.6pips3.2pips2.2pips
AUDJPY3.3pips3.0pips2.6pips2.2pips
NZDJPY3.2pips2.9pips2.5pips3.0pips
EURUSD1.7pips1.4pips1.0pips1.1pips
GBPUSD2.4pips2.1pips1.7pips1.3pips
AUDUSD1.9pips1.6pips1.2pips1.4pips
NZDUSD2.9pips2.6pips2.2pips2.0pips

最高のロイヤリティレベルで20XMPが貰えるならZero講座よりもスプレッドが狭くなる通貨ペアもあるようです。

さらにスタンダードには入金ボーナスがあるのでまずはスタンダード口座がおすすめです。

ユーロ円やポンド円などをメインにトレードしたい場合はZero講座でトレードするほうがよさそうです。

※口座はあとから追加することで変更できます

朝方や指標時はスプレッドが開きやすい

朝方や指標時はスプレッドが開きやすいので注意が必要です。時間帯をチェックしてそういったときは取引を控えるようにしたほうが無難です。

ゼロカットシステム

国内FX業者ですと証拠金よりも大きい損失が出た場合、その損失を支払わなくてはいけません。

ですがXMでは証拠金よりも大きい損失が出た場合は0にしてくれるので払う必要がありません。

ハイレバレッジを使うと大きい損失が出る可能性が高くなりますが追加でお金を払うことはないので安心できます。

ロスカットは20%

国内のロスカットは多くの業者が高めの50%に設定されていますがXMでは20%と緩めに設定されています。

50%だともう少し持っていたいけどお金が足りなくなってロスカットされるという場面でも20%なら大丈夫です。

MT4が使える

MT4とは世界的にも標準になっていてとても使いやすいチャートソフトです。XMはMT4に対応しているのでMT4から注文が行えます。

正直MT4と比べると国内のチャートソフトはどうしてこんなに使いずらいのかというぐらい出来の悪いものが多いです。なので私は国内FX業者を使うときはMT4を見ながら別の窓で注文を出していました。

なのでそのままMT4を注文に使えるのは便利だといえます。

メリットデメリット

XMの良いところ

  • 信頼できる会社
  • クリーンな取引システム
  • 口座開設だけで3000円貰える
  • 100%入金ボーナスで5万円入金したら5万円貰える
  • 取引ごとにボーナスが貰える
  • 日本語完全対応
  • レバレッジ888倍
  • 高い約定力
  • MT4が使える
  • ゼロカットシステムで借金無し
  • ロスカットは20%と緩め

XMの微妙なところ

  • 国内と比べるとスプレッドが広め
  • 指標時や時間帯によってはスプレッドが開く
  • 注文が滑ることがある

 

XMの口座開設

まとめ

海外よりも国内のほうが安全と思っていましたが調べてみるとむしろ海外のほうがクリーンなシステムで信頼性が高いと感じました。特にXMは海外FX業者でも信頼度が高く日本人に人気があるのが理解できます。

スプレッドは広めですが各種ボーナスを考慮するとそこまで気になりません。ハイレバレッジが使えることやゼロカットシステムがあることを考えると海外FX業者を選択したほうがいい場面も多そうです。

↓口座開設はこちらから↓

 

5分でわかるXMの口座開設方法!【2019年最新版】
XMTraiding(以下XM)の口座開設方法を解説します。 ホーページにアクセス まずはこちらからXMのホームページにアクセスし、口座を開設するをクリックします。 必要事項を入力する 名前をアルファベットで入力します。 ...
タイトルとURLをコピーしました