勢いが出やすく損切りしたほうがいい形 7月13日~17日のユーロ円ポンド円のチャート解説【FX】

週刊FXチャート解説

ユーロ円 4時間足

ユーロ円は上昇トレンドをブレイクした状態で開始。

しかし、戻り売りが全く入らずくにV字上昇になり高値121.95円をブレイクしました。

私自身は気づくのが遅れたのでちょっとした損失を出してしまいましたがこのV字は出やすい形だったので警戒することができます。

ユーロ円の長期足は半値あたりから押し目買いが入っている途中の形です。ですが、勢いがなくゆったりとした上げ方です。

なのでこういうときは1回下に振ってから上げるというV字上昇の動きが出やすいです。

現在、121.95円と122.48円の間でレンジです。122.48円を上抜けると勢いが出やすい形なので売ポジを持つときは損切りは早めの方がよさそうです。

 

ユーロ円 30分足

白がエントリー、緑がスルー、ピンクが見逃し

 

白1、ネック121.12円付近で売。+0pips

長期上昇トレンド抜けの戻り売り狙い。短期がWトップで落ちようとしたけど失敗して上げてる形だったので逃げ。

白2、チャネルとレジ121.48円付近で売。-35pips

長期上昇トレンド抜けの戻り売り狙いのリベンジ。しかし、すぐに逆行してしまう。

長期がV字が出やすい形で強く上げている形だったのでエントリーしないほうがいい場所でした。

比較的大きな損切りになってしまいましたが損切りしたことに後悔はありません。

自分は普段は-40とかの含み損になっても損が小さくなるのを待ってから切ることが多いですが今回は長期足がV字上げでヤバイ形になってることに気づいたので戻りを待たずに切りました。

結果的に戻りはありましたが高値121.95円で落ちずにそのまま抜けていくと-200とかもありそうだったので切るのが正解だったと思っています。

もう少し早く気付いて切れてればとも思いますがナイス損切りです。

こういうのは切らないとロスカットの原因になりやすいです。

緑1、高値での逆張りだがスルー

V字上げでの到達。損切り直後なのでスルー。

入ってもいいと思いますが高値抜けした場合は早めに切ったほうがいい形です。

白3、押し目買い。+68pips

長期足がV字になったので押し目買。これはいいところで入れました。

高値121.95円は抜けやすい形なのでブレイクを狙いました。

まだ伸びそうな形ですが寝る前に利食いしておきました。

伸びるかもしれませんが伸びないかもしれないので利食いは正義です。

緑2、高値での逆張りだがスルー

緑1はまだ入ってもいい形ですが緑2は抜けやすい形なのでスルーしたほうがいいです。

ピンク1、高値抜けでの押し目買。

すでにポジションを持っていたのでスルーしましたがノーポジなら入ってもいい場所だと思います。

ピンク2、チャネルと長期戻り高値付近だが見ていない時間。

長期V字上げになりましたが勢いは出てないので入ってもいいと思います。

白4、トレンドとサポ121.96円で買。+10pips

1回は反応しそうな形なので入ってみましたがすぐに逆行。逆行してからの反発だったので早めの利食いです。

ピンク3、Wボトム狙いだがもう1段下がるのを警戒して見逃し。

121.48円あたりまで落ちてから上げる流れかなと思ってスルーしましたが普通に上がっていきました。

白5、高値122.49円で逆張り。+28pips

抜けたら勢いが出やすい122.49円ですがもう1回くらいは落ちそうなので逆張り。

抜けた場合は早めに切ります。

緑3、高値での3回目の落ち狙いだがスルー

金曜の終わりごろなので抜けなそうと思いましたが念のためスルーにしました。

 

ポンド円 4時間足

下落半値の135.93円付近からの売とネック133.93円付近からの買の間に位置しています。

どっちが勝ってもおかしくない形ですが今のところ押しっぽい形なので高値を試すでしょうか。

高値を試した結果高値切り下げのWトップで下落の流れなども想定できます。

 

ポンド円 30分足

 白がエントリー、緑がスルー、ピンクが見逃し

ピンク1、戻り売り狙いだがユーロ円をトレードしていたので入れず。

ユーロ円との選択でしたがこっちで入っていれば綺麗に落ちていました。

緑1、V字上げしているのでスルー

白1、ネックとチャネルで逆張り。+38pips

短期チャネルと中期チャネルとトレンドが重なっています。キレイに反応してくれました。

結果的に結構伸びてますがそんなに大きく狙うところでもないと思います。

ピンク2、トレンド付近だが目立ったレジがないので見逃し。

トレンドラインで綺麗に落ちました。しかし、135.39円あたりまで一気に上がりそうな形でもあったのでスルーしました。

白2、子ネックとチャネルで逆張り。+22pips

短期狙いですが綺麗に反応してくれました。

 

勢いが出やすく損切りしたほうがいい形

ユーロ円4時間足

ユーロ円は上昇トレンド抜けで戻り売りをしたくなる形ですがV字になりました。

私は逆行してもすぐには切らずに戻りを待つことが多いですがヤバイ逆行のときは戻りを待たずに切る方法も使っています。もし、トレンド抜けの戻り売りを狙って売ってしまった場合でも今回の場合は保有せずに切ったほうがいい形です。

勢いが出やすい主な理由は以下の2つです。

  1. 上昇トレンド抜け後にV字になって高値抜けしている
  2. 左側(黄色四角部分)にレジスタンスが何もない

トレンド抜けからのV字は高値抜けをしやすく勢いも出やすいです。しかも今回は4時間足でのV字なので上昇を警戒するべきです。

サポレジが何もない空間は全戻しになる確率が高めです。急騰急落が全戻しになりやすい理由と同じです。

今回はこの2つの条件が揃っているので抜けたら勢いが出やすいことを警戒していました。

高値121.95円抜けから一気に123.46円あたりまでいくことも想定していましたが高値121.95円抜けからそれほど勢いが出なくて最終防衛ラインの122.48円が機能していてレンジになっています。

現在V字上げの勢いのまま上がることには失敗してますが121.95円~122.48円のレンジブレイクすれば勢いがでやすいことには変わりありません。

実際勢いが出るかどうかは不明ですがこういう形が出たときに売ポジを持ってしまっていた場合は早めに損切りするということが重要です。

切らないと-200pipぐらい損失が膨らむ可能性がありハイレバであればロスカットの危険性も出てきます。

そもそも入らなければいいといっても毎回完璧にエントリーできるわけではなくミスは避けられないものだと思っています。

ミスをしてしまったときは早めにミスを認め損切りすることが大事です。

 

 

別のパターン

上記は7月8日のポンド円5分足ですがトレンド抜けからV字上げで高値更新の流れになっています。

こういう動きは結構あるのでトレンド抜けしたからといって目線を下に固定してしまわないように注意が必要です。

 

タイトルとURLをコピーしました